自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択すること

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。販売や営業の仕事には、初対面の人とでも和やかに話せることが大事です。会話が得意ではなく、人とうち解けるまでに時間がかかるという人は、営業の仕事を続けることは困難だといえます。勿論仕事の適性だけでは、仕事は選ぶのは難しいと思いますが、参考にはなるものです。ただし、仕事の適性がどんなものかということだけで仕事は決まるものではありません。適性試験をして、自分にどんな仕事があっているか確認しなさいと大学の指導で言われることがあります。しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。あなたは経理に適性がありますと、ある適性検査で出たとしましょう。人によっては、経理に適性があったとしても、それよりずっとやりたいことがあるという人もいます。仕事の適性があっても、自分でしたくなければ無理にその仕事は選ばなくても良いと思います。未知の分野でもやってみたい、という気概があること自体はいいことです。適性検査の結果には、必ずしも従わなければならないというものはなく、仕事は自分の判断で選ぶようにすることが重要です。