極端に食事量を減らすようなダイエットをするとリバウンドしやすい

極端に食事量を減らすようなダイエットをするとリバウンドしやすいといいますが、どんな仕組みで起きるのでしょう。体重が減るほどの食事制限をすると、人間の体は食べ物が少ない危機的状況だと感知します。外気温の変化や、摂取カロリーの減少に体の状態が左右しないように、ホメオスタシスという働きがあります。ホメオスタシスとは少量のエネルギーでも体を維持できるように生きるために必要なエネルギー消費を減少させる機能です。例えば、山の中で道に迷った時などに使う機能です。このホメオスタシスが機能すると、ダイエットのために食事の量を減らしているけれど、一向に体重が減らないということになります。食事制限をしても生命には支障がないことを体が認識すれば、ホメオスタシスの働きは終わって体は通常状態に戻ります。リバウンドは、ダイエットの効果が出にくい期間にダイエットに挫折すると発生します。食事をダイエット前の量に戻した時でも、ホメオスタシスは動き続けています。ダイエット前よりも少ないエネルギーしか使わない体になっているのに以前と同じような食事を摂ることで余分なカロリーが蓄えられますくなります。リバウンドが発生するのは、こういった仕組みによるものです。リバウンドは、繰り返し起こすことによって太りやすさがますます増す仕組みになっていますので、対策をしっかり立てましょう。