住宅ローンを利用して住宅を購入する場合

住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、不動産の売買契約書の中に必ずローン特約というものがあります。ローン特約があれば、住宅ローン審査が通らない時には売買契約を撤回できます。売買契約が成立しても、購入希望者のローン審査が通らなかったら契約は無かったことになってしまいます。条文があることで売主は売買契約は成立していても購入する側の住宅ローン審査承認の返答が来るまで不安です。審査の結果で確実に融資が受けられるまでは、お金が借りられない可能性があります。住宅ローンの本審査を申し込む場合にはどうしても売買契約書の写しが必要です。購入者が住宅ローンを利用するのであれば避けては通れないことなのです。もしもローン特約をつけて売買契約を取り交わしたのであれば、知っておきたいことがあります。売買契約後すぐに具体的な引っ越しの準備を行うのはやめましょう。住宅ローンの本審査が通ったという連絡がきてからにしたほうが良いということです。必要経費を払って引っ越しをしたものの、結局住宅ローンを使うことができなかったとう時は、移住に費やしたお金が損になってしまうことがあるからです。売却する側もあらかじめローン特約のことをしっかりとチェックしておきましょう。