ニキビ痕の種類

小気味よい自己判断による検査は避けたほうが良いのは、いくつかの型が面皰痕にはあり、障害がひどくなればなるほど皮膚科にお願いした方がよいこともあるからです。最も頻繁に見られるのは、面皰痕の中でも、面皰ができた所にシミを起こしてしまい、皮膚が黒ずんで仕舞う型のものだ。シミによる面皰痕は、面皰を掻きむしったりしなくても、膿がつぶれて仕舞うだけで、痕が止まる事があります。シミにてもらえるものは、面皰痕の中でも頂点多い型であり、障害の程度はたいして小気味よい場合とされています。面皰痕がでこぼこになって、クレーター状になってしまう型のものが、しばし障害が悪化してしまった場合だ。皮膚組織が面皰がつぶれて損傷するため皮膚がえぐれて、見た目がでこぼこした状態になることが要因で、面皰痕がクレーターのようになってしまうといいます。ケロイド状に面皰痕が盛り上がってしまうこともあるのが、再度皮膚組織の崩壊が進んでしまった場合だ。ケロイド状の面皰痕ができるのは、何回も皮膚組織の傷が繰り返される事によります。押し寄せる皮膚組織の不幸を通じて、毛孔の構成自体がなくなってしまった為にケロイド状になって行うのです。何度も皮膚組織が壊れる事で、コラーゲン線維が重なり合って皮膚に気合を作り上げるわけです。ケロイド状の面皰痕が、いくつかある中でも頂点ひどい状態といえます。それぞれの障害や型にて、面皰痕を治す場合には、治療方法が違ってくるものです。ケロイド状やクレーター状の面皰痕の場合はとくに、皮膚科で治療をしてもらうのがベストです。